TREKKLING

TREKKLING
サイクリングで奥多摩、青梅を満喫しよう!

2018年7月19日木曜日

営業日のお知らせ( Notice of business day )

下の自転車の空き状況をクリックして営業日カレンダーをご参照ください。ご質問のあるお客様はお問い合わせください。


クリック→ 自転車の空き状況・営業日カレンダー( Notice of business day )

クリック→ WEB予約はこちらから 

クリック→イベントのお知らせ


NEWS→8月4日(土曜日)は16時までの営業となります。
NEWS→8月11日(土曜日)の自転車の返却場所は奥多摩のトレックリング店舗のみとなります。
NEWS→8月25日(土曜日)のサイクリング&滝めぐりトレッキングイベント募集中!
NEWS→ジェッター、ディヴァージュ、一般レンタル開始!


         お問い合わせ→→→ホームページのWEB予約、または→→→info@trekkling.jp
 (当日のお問い合わせ、または当日のご来店の場合はレンタルが出来ない場合がございます)
         ご予約ご質問はwebから、
         または0428-74-9091/080-1024-4617まで(営業時間09:00~17:00)
                                自転車の返却可能場所に注意してください

~奥多摩で働いてみませんか~

トレックリングでは、自転車や山、自然、街づくりに興味のあるスタッフを随時募集しております。
例えば、午前中勤務して、午後は奥多摩や青梅を散策という働き方もできます。
または、午前中勤務して午後は奥多摩のカフェや飲食店スタッフに変身ということも・・・!
もちろん1日でも。(交通費全額支給)
お気軽にお問い合わせください!!
お問い合わせ電場番号 → 080-1024-4617

奥多摩・8月25日(土曜日)海沢渓谷サイクリング&滝めぐりトレッキング初心者向け・イベント




募集中
 
こんにちはTREKKLINGスタッフの大友です。
2018年8月25日(土曜日)開催イベントのお知らせです。



奥多摩には東京とは思えない美しい渓谷が数多くあります。その中でも短時間で3つの滝巡りができる海沢渓谷(うなざわけいこく)という場所があります。緑に光る苔、穏やかな木漏れ日、そして沢沿いを歩く事ができ、夏でも涼しいオススメのスポットです。

この海沢渓谷コースをTREKKLINGスタッフと一緒にサイクリング&トレッキングしてみませんか?

海沢渓谷はTREKKLINGでも一般レンタサイクル&トレッキングコースとして設定しています。しかしトレッキングに関して言えばお客様の中には「意外と大変だった」、「道に迷ってしまって不安だった」、「3つ目の滝である大滝まで行けなかった」等のご意見を頂くこともあります。

現在、海沢渓谷コースを検討しているが道について少し不安、でもせっかく海沢渓谷まで来たら最後の「大滝」まで行ってみたい!というお客様のためにガイド付きサイクリング&トレッキングイベントを企画してみました。もちろん自転車は電動アシスト自転車です!

トレッキング初心者だけど綺麗な場所に行ってみたい!これから自分の趣味で登山を始めてみたい!という方にも最初の一歩としておすすめの企画です。



それでは今回のイベントの募集要項です。
日時・料金

2017年8月25日(土曜日)11:00~15:00頃
申込期限8月22日(水曜日)
定員限定7名(先着順)
最少催行人数・4名
集合場所トレックリング店舗に11:00時に集合(奥多摩駅から徒歩1分)
料金¥4,500 (サイクリング&トレッキングガイド代、
※料金は当日現地でのお支払いになります。また昼食はイベント事前にすましておいてください。ただし大滝到着後に休憩時間を取りますので簡単な軽食や行動食をお持ちであれば食べることは可能です。)


注意1
キャンセル料について
当日は100%頂戴しております
前日は50%頂戴しております
3日前は30%頂戴しております
(メールにてお振込方法をご連絡いたします)


 注意2
悪天候時はイベントを中止いたします。
・8月24日(金曜日)のお昼頃の天気予報の時点で8月25日(土曜日)の降水確率が高い場合は中止になります。8月24日(金曜日)の午後に中止の連絡を致します。
・8月23日(木曜日) 時点で明らかな悪天候が予想される場合は8月23日(木曜日)の17時頃までに中止のご連絡をいたします。
開催する場合もいずれにせよ8月23日(木曜日)にメールでのご連絡をいたします。
イベント最小催行人数に達しない場合、は8月22日(水曜日)までにメールまたはお電話にてご連絡差し上げます。


注意3
小雨程度ならサイクリング及びイベントを決行します。
山間部である奥多摩の天気は変わりやすいです。
天気予報などで晴れと表示されていても雨になることもあります。もちろん逆に雨予報でも降らない事があります。この奥多摩特有の気候変化のため当日のイベン ト開始時間の天気の状態までサイクリングをするかしないかはギリギリまで決められないのが正直な話です。
このため余程の悪天候が予想されない限りはイベント中止にはなりませんがいずれにせよ多少汚れても構わないアウトドアで遊ぶ服装や雨具対策をしてお越しいただければと思います。予めご了承ください。


参加条件
20歳から50歳くらいまで
1人で自転車に乗れる方、2時間ほど山道を歩ける方
上記の注意1、注意2、注意3にご納得された方



持ち物
・動きやすい服装 ・急な雨に対応するためナイロンジャケットやレインコートが一枚あると便利です。簡易的なカッパでも構いません。
・両手が空くリュック等
・トレッキングシューズ または運動靴やスニーカー(汚れてもいい靴)
・できれば手袋・転んだ時の怪我防止になります
・水
・滝壺に入りたい方はウォーターシューズ 
ストック等は必要ありません。



お申し込み方法
メールで
info@trekkling.jp 宛まで
件名に「海沢渓谷サイクリング&トレッキング!初心者向け」と記入し
・お名前
・フリガナ
・生年月日
・ご住所
・電話番号
・身長
 をご記入ください

申込期限8月22日(水曜日)

お問い合わせ
info@trekkling.jp
0428-74-9091
080-1024-4617
注意)docomo、au、SoftBankなどの携帯会社専用のメールからお問い合わせする場合
  携帯会社の迷惑メール設定の関係でお店からの返信メールが届かない場合があります。


 (イベント保険加入のため上記の項目が必要になります)
  (※1)保険内容は以下となります
     国内旅行傷害保険
    〈傷害〉
     ・死亡・後遺障害     280万円
     ・入院日額      4,500円
     ・通院日額      3,000円
     ・賠償責任      6,000万円
      全て免責金額(自己負担額)は無しです。


 イベントタイムスケジュール
11:00 トレックリングに集合(駅から徒歩1分)
11:30 TREKKLING出発(電動自転車でサイクリングしながら海沢渓谷を目指します)
12:30 海沢渓谷到着
12:30 トレッキング開始
15:00 TREKKLING到着(電動自転車でお店に戻ります)
15:15 解散

解散後の電車の時刻表(すべて奥多摩発)
15 :27 ホリデー快速東京行き
15 :36 青梅行き
16 :05 青梅行き
16 :18 ホリデー快速東京行き

夏のアウトドア!トレックリングコースの特徴をご紹介!(奥多摩編)

こんにちはトレックリングです。
いよいよ夏本番です!そして間近に迫った3連休に向けて今日はトレックリングでご案内しているコースの特徴についてご紹介いたします。興味のあるコースが必ず見つかるはず!ぜひご参考にしてください!

まずは奥多摩編です!

1・奥多摩むかし道コース

概要・奥多摩のシンボルでもある奥多摩湖を目指すコース。旧青梅街道であるむかし道は甲州とを結ぶ交易の道として実際に使われていました。今でもその歴史の名残を見ることができるコースです。

距離・往復20km(お店ー奥多摩湖ーお店)
標高差・約200m(お店の標高350m、奥多摩湖の標高550m)
時間・3時間前後(写真撮ったり奥多摩湖でどれだけ時間をかけるかによって変わります)
おすすめ自転車・できれば電動自転車、もちろんスポーツバイクでも行けます。

アドバイス!!・片道10kmのうち半分以上は車がほとんど通らない道なので初心者の方でも比較的安全に走ることが出来ます。

奥多摩湖・東京の水瓶
東京の水瓶である奥多摩湖。奥多摩のシンボル。奥多摩湖についてからも実は見どころがたくさんあるんですよ〜。

西久保の展望
むかし道の道中にある展望のいい場所。ベンチやテーブルで休むことができる。

これもむかし道にある風景。他にも吊り橋もありますよ!しかも2箇所も。

こんな特徴があります!こんな人にオススメ !
・奥多摩のコースの中で一番坂がきつくないコースが良い!(帰りはずっと下り坂です!)
・車の往来が比較的少ない(青梅に下るコースと比べれば断然交通量は少ない!)
・奥多摩の歴史に興味がある(歴史の名残を感じたい歴史好き集まれ!)
・絶景、いや絶叫!つり橋がある!(必ず橋を渡らなければいけない、というわけではないのでご安心を笑)
・豊富な自然植物
・たまに動物に遭遇する(猿、カモシカ、野鳥、あまり大きな声では言えない動物)
・とにかくインスタ映えする(#奥多摩湖 素晴らしい自然の景観)



2・日原鍾乳洞コース

概要・奥多摩の日原(にっぱら、と読みます)にある関東最大級の鍾乳洞。洞窟内に広がる大空間は圧巻の一言。また年間平均気温が11℃とおそらくこの夏東京で一番寒い場所がココです笑

距離・往復22km(お店ー日原鍾乳洞ーお店)
標高差・約300m(お店の標高350m、日原鍾乳洞の標高650m)
時間・3時間前後+1時間(コース途中にトレッキングポイントあり)
おすすめ自転車・電動自転車!元気な男子大学生がたまにスポーツバイクで行きます笑

アドバイス!!・標高差300mの上り坂コース、ここは迷わず電動自転車を選びましょう!
夏になると車で訪れる観光客が多くなり最繁忙期だと渋滞になることも。

しかし自転車なら余裕で車の横を通り抜けられます笑、また平日は車の通りも少ないのでよりリラックスしてサイクリングを楽しみたい方は平日もオススメ!

日原川
 美しい清流。上流に進んでいくに連れて川から深い谷になっていくイメージです。

倉沢のヒノキ
樹齢1000を超えると言われる巨木。奥多摩の歴史を見守ってきました。日原街道から片道25分のトレッキングをしてたどりつけます。体力やお時間に余裕のある方はぜひ訪れてみてください!

 秋になればご覧の紅葉


こんな特徴があります!こんな人にオススメ !
・標高が高く深い谷間と奥多摩の山に挟まれた道で独特な景観が楽しめる(特に日原集落以降の雰囲気はたまらない!う〜ん天空の集落をサイクリングするイメージでしょうか)
・トロッコ列車が上空を走っている(実際に見て確かめましょう!)
・巨木がある
・とにかく涼しいところに行きたい!(上記で記したとおり夏でもひんやりです)
・やっぱりたまに動物に遭遇する(猿、カモシカ、野鳥、あまり大きな声では言えない動物)
・やっぱりとにかくインスタ映えする(#鍾乳洞、#巨木、他)



3・海沢渓谷コース

概要・サイクリングとトレッキングで楽しむコース。トレッキング中に3つのを訪れる秘境感満載のコースです。東京の屋久島と勝手に命名しました笑

距離・往復11km+トレッキング1時間30分(お店ー海沢渓谷の登山口ーお店)
標高差・約200m(お店の標高350m、海沢渓谷の登山口の標高550m)
時間・4時間前後

おすすめ自転車・電動自転車!傾斜のきつい上り坂が3kmほど続きます。後に控えているトレッキングの事も考えると体力は温存しておきたいです!水分補給は欠かさずに!

見どころ・滝・・・はもちろんですが

苔むした岩場
 光り輝く苔の岩場の間を縫うように歩いていきます。都心部ではまずお目にかかれない景色。ここも東京なんですよ!



 迫力ある「大滝」
ぜひご自身の目でご確認ください!


サイクリングの道中から秘境感満載!

こんな特徴があります!こんな人にオススメ !
・秘境に訪れて滝を見たい!(ぷちアドベンチャーですよ!)
・トレッキングも楽しみたい(人によっては登山かも・・・)
・苔を愛でたい!(こころゆくまで!)
・とにかく涼しいところに行きたい!(滝壺付近はひんやり奥多摩駅前より気温が10℃前後は下がりますね)
・やっぱりとにかくインスタ映えする(#滝、#苔、#秘境)
注意・スニーカーでも行けなくはないですが、できればトレッキンシューズ、トレランシューズなどの運動靴、あまり剛性のない靴は控えたほうが良いです。(コン◯ースとか)


いかががでしたでしょうか?気になるコースがございましたでしょうか??
夏本番に向けてぜひご検討ください!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年7月14日土曜日

7月14日のトレックリングなう〜!

こんにちはトレックリングです。いよいよ夏本番です。7月の3連休初日もたくさんのお客様にお越しいただきました〜。誠にありがとうございます。あ〜スタッフも涼しい日原鍾乳洞や海沢渓谷に行きたい!










明日もお客様のお越しをお待ちしております!!
奥多摩、青梅の自然をサイクリングで満喫してくださいね〜!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年7月12日木曜日

奥多摩から武蔵五日市で乗捨て 東京最高峰の奥多摩周遊道路、風張峠コース詳細&申込はこちら


奥多摩から武蔵五日市で乗捨て

東京最高峰の奥多摩周遊道路、風張峠コース







目次
・自転車紹介
・プラン内容
・コース内容
・予約状況の確認
・申込み方法
・お問い合わせ


 自転車紹介



①2018 DIVERGE MEN E5(SPECIALIZED)

特徴
700x30Cの若干太めのタイヤで、多少の林道や砂利道なら走行可能です。
機械式ディスクブレーキを前後に搭載、下り坂でもたよりになります。
フロント、リア共にスルーアクスルを採用。パンク時のチューブ交換は付属の工具で対応可能です。
2×8-speed

台数2台(色はどちらもサテンブラック)

・サイズ 52(適応身長160cm〜170cm)あくまで目安です
・サイズ 54(適応身長170cm〜180cm)あくまで目安です


ディヴァージュ詳細は下記リンクでご確認ください
http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g95418-8548/

 ディヴァージュに付属してあるもの
・ワイヤーロック1つ
・パンク修理キット(チューブ1本、タイヤレバー2本、工具)
・携帯ポンプ
・ボトルケージ
・ライト
・点灯式テールライト
・サイクルコンピュータ
・サドルバッグ





②2018 ジェッター(パナソニック)

特徴
機械式ディスクブレーキ&700Cタイヤ採用のアーバンスポーツコミューター。
700x38Cタイヤなので、時速25km以上でアシストがOFFになった際も快適に走行できます。前後クイックレリーズ仕様。大容量バッテリーが、奥多摩周遊道路の走行を可能にしました。
8-speed

台数2台(色はどちらもマットチャコールブラック)

・サイズ 44(適応身長154cm〜185cm)あくまで目安です



ジェッター詳細は下記リンクでご確認ください
http://cycle.panasonic.jp/products/elhc/

ジェッター付属してあるもの
・ワイヤーロック1つ
・パンク修理キット(チューブ1本、タイヤレバー2本、工具)
・携帯ポンプ
・ボトルケージ
・ライト
・点灯式テールライト
・サイクルコンピュータ
・サドルバッグ


 プラン内容 

2名様以上から受付可能です。(1名様のみは受け付けておりません)
・料金 ディバージュ/1日6,000円(9:00~17:00 1名様の値段です。)
    ジェッター(電動)/1日7,000円(9:00~17:00 1名様の値段です。)
・パンク時にチューブ交換技術がある方(1名様のみで構いません)
・コース行程が最低5時間はかかるため、12時前までに出発出来る方のみ限定
(注意)ご出発が遅くなった場合は、五日市方面へは行けません

 プラン対象者とレベル

・自転車で40km以上走ったことがある方(長い登り坂が10㌔以上続きます)
・パンク修理技術が有り、チェーントラブルに対応できる方(1名様のみで構いません)
・ロードバイクはロード経験者のみ(当店でギヤ変速の説明はいたしません
・18歳以上、64歳以下の方で、心臓や呼吸器の持病が無い方

 コース内容


クリック→googlemapを開く


・コース距離 約62km(奥多摩むかしみち経由)
・コース時間 6時間前後(休憩込)
・スタート地点標高 約350m(トレックリング
・コース最高標高地点 標高1146m(風張峠)
・高低差 約800m
・登坂距離 29km(トレックリング〜風張峠)
・最大斜度 9%程
・平均斜度 6~7%

・下り距離 約33km(風張峠〜東京裏山ベース)
・東京裏山ベース 標高170m  
・高低差 約980m

(※体力には個人差があるのであくまで目安です。)





 予約状況の確認

※このコースは緊急時の対応のため、スタッフ人数がしっかり確保できる日のみ募集しております。何卒ご了承ください。

 必ずお持ちいただくもの

身分証明書(免許証、保険証、学生証、パスポート)
冬用グローブ、サングラス、防寒着(特に下りは極寒です)、下る前に汗を吸ったシャツは着替えることを強くおすすめします、糖質の含まれたお菓子や非常食(ハンガーノック対策)

 必要な場合お持ちいただくもの


裾バンド
サングラス
保温シャツ
バックパック

 Q&A

Q.なぜ2名からなのですか?
A.60km以上を走るコースです。コース中に怪我やパンクなどの車体トラブルが起きた場合、病院や警察、店舗への連絡やパンク修理等をパートナーに対処していただくためです。
また標高1,000mエリアは、平地とは気候や気象条件が違います。お客様自身でリスク管理ができないと大変な事故につながってしまいます。
転倒した際に、動けなくなってしまい、防寒具も何も無い状況を想像してみてください。気温0度の中、汗で濡れた服で数分もじっとしていれば、低体温症(ハイポサーミア)をまねく可能性もあります。

Q.なぜパンク修理技術が必要なのですか?
A.当店で設定させていただいている通常のレンタサイクルコースとは違い60kmという長距離コースです。その為、車体トラブル等が起きた場合レスキューに対応できません。パンク処理を含め、ある程度自転車に精通した方向けのプランになります。

Q.体力に自身が無いのですかできますか?
A.他のコースをお選びください。

Q.返却時間に間に合わない場はどうすればいいですか?
A.まずは必ずトレックリングにお電話ください。

Q.風張峠(頂上)まで登ることができない
A.引き返して、スタート時のトレックリングへお戻りください。(基本下り坂)

Q.どうしても途中で棄権したい
A.車にてお迎えにあがりますが別途5,000円/1名、頂戴いたします

Q.自転車を壊してしまった
A.弁償料金一例を御覧ください

Q.自転車を盗まれてしまった
A.警察とトレックリングにお電話ください。

Q.道に迷ってしまった
A.トレックリングにお電話ください。

Q.怪我をしてしまった
A.怪我の状況により、ひどい場合はすぐ119番を。軽症の場合は、トレックリングにお電話ください。

Q.ヘルメットはありますか
A.レンタル料金に含まれており、必ず着用して頂きます。着用して頂けない場合は自転車レンタルできません。

Q.ビィンディングペダルはありますか
A.ありません。フラットペダルになります。お客様自身で、交換装着してもOKですが、返却時は、お客様自身でフラットペダルを取り付けてください。

Q.ハンガーノックとは
A.長時間運動することにより、低血糖になり、突然身体が動かなくなってしまう症状です。糖質が含まれた食物を運動途中に摂取することで防ぐことができます。→糖質が含まれたお菓子や非常食をご持参ください。

 破損弁償料金一例

例)転倒してホイールを曲げてしまった等
ご請求金額:10,000円
例)フレームが割れてしまった
ご請求金額:50,000~70,000円
例)サドルを破損してしまった。
ご請求金額:7,000円
例)ブレーキレバーを壊してしまった
ご請求金額:8,000円
例)グリップカバー、バーテープを破いてしまった
ご請求金額:2,000円
例)鍵を紛失してしまった
ご請求金額:1,500円
例)ライトを壊してしまった
ご請求金額:1,000円
例)サイクルコンピューターを壊してしまった
ご請求金額:2,000円
例)ライトを壊してしまった
ご請求金額:1,000円


 保険について 

TSマーク保険赤色に加入しております。
補償内容は必ず以下のリンクをご確認ください。
TSマーク保険の内容→こちら

 お申込み方法

info@trekkling.jp 宛に「風張峠コース」と記載し 
以下の項目をご記入ください。

・ご来店日
・トレックリング到着時間
(行程やこの時期の日没時間を考慮する場合、なるべく10時前後のご来店をお薦めしております。)
【1人目】
お名前
ご住所
電話番号
年齢

【2人目】
お名前
ご住所
電話番号
年齢

・ご来店日
・到着時間

※3~4名でご利用の場合も、同様にご記入ください、事故や怪我の場合の速やかな連絡のため、ご協力をお願い致します。



 お問い合わせ

info@trekkling.jp にお問い合わせください


2018年6月29日金曜日

関東も奥多摩も梅雨明け!

こんにちはトレックリングです。

2018年6月29日。どうやら梅雨が明けたようです笑、早っ。いや嬉しいですけどね。
関東甲信で6月に梅雨明けになるのは史上初とのこと。6月6日の梅雨入りからたったの23日で梅雨が終了しました。実際には梅雨明け数日前から良い天気だったので体感的にはもっと早く感じます。
奥多摩もご覧のように良い天気、6月29日の様子ですが気温も高く暑いには暑いのですが風が吹いており、ほとんど湿気を感じません。

梅雨明けが早く、いきなり夏空満開ですと水不足を心配しちゃいますね。杞憂に終わってほしいです。

この真夏を感じさせる季節感。早くも夏のレジャーを目的とした観光客の方がおしよせて来そうですね。


こまめな水分補給と、塩分補給。心がけたいですね。





にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年6月27日水曜日

飛騨里山サイクリングに行ってきた!

こんにちはトレックリングです。

先日、岐阜県の飛騨にある「SATOYAMA EXPERIENCE」でサイクリングガイドツアーを楽しんできました。

「SATOYAMA EXPERIENCE」は里山に受け継がれてきた文化や歴史をサイクリングを通して体験できるプログラムを紹介しており、また里山での暮らしを通して本質的な豊かさについても言及しています。

トレックリングと「SATOYAMA EXPERIENCE」は「自転車」や「自然」といった共通のキーワードがあります。 以前よりこのガイドプログラムに参加したいという思いがありようやく今回実現しました。



ツアーに参加する前に 「SATOYAMA EXPERIENCE」を立ち上げた山田拓様の「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」をスタッフも読み込みバッチリ予習をしていきました笑

それでは里山ガイドツアーの模様を御覧ください。

まずは受付を済まします。


ガイドの方の説明を受けます。自転車を扱う際の注意ポイント等です。フロント3段、リア8段のクロスバイクでしたがフロントは2のままでリアの変速チェンジだけでも十分走れますよ!とのこと。奥多摩と違って坂道が少ないのでリアだけでも行けてしまうのですね。

出発前の集合写真、いよいよ待ち焦がれた飛騨里山サイクリングの開始です!


そしてサイクリング当日は梅雨時期とはとても思えないほど見事な青空が広がる天気でした!ここからは美しい飛騨の景色と一緒に御覧ください!

昔懐かしい田園風景、青梅でも私達の子供の頃にはよく見る光景でした。もちろん青梅にも残ってはいますが30年前と比べると随分少なくなりました。

奥多摩は道路の脇がいきなり川や谷、または斜面の山ということがあり、飛騨のようにここまで見通しの良い風景はなかなかお目にかかることが出来ません。

ここで一旦止まってガイドをしてくださった西邑さんのお話を聞きます。

飛騨のお米とお酒のお話を聞きました。この地域特有の寒暖差によって美味しいお米ができるそうです。農家さんが手間を惜しまず大事に育てるお米。

飛騨のお米を見せてくれました。

さてぐんぐん進んでここでは湧き水の紹介、ここは地元の人も汲みに来る湧き水です。お米を炊いたり飲料水として利用しています。ガイド中にも地元の方が汲みに来てました。


スタッフも飲んでみましたがとても口当たりが柔らかく美味しかったです!
これでご飯を炊いたり料理を作ったりしたら美味しいだろうな〜。

この空と緑の感じ。もう夏休み気分です。田んぼの畦道。これぞ田舎の原風景なのかな。



途中に飛騨牛農家の方に出くわして雑談。「おきまりのどっから来たの?」で始まり、東京の西の方ですと答えると農家の方が「青梅か!」と即答!知ってるんですね〜。
飛騨牛1頭あたりの値段をズバズバ仰ったり、終始オジサマの軽妙トークで和みます。

しばらく走り

 ここから珍しく上り坂です。スタッフも頑張って走ります。明日筋肉痛決定ですね。

少し高い丘に上がり

 先程の湧き水で水出し茶を飲んで一休み。ガイドの西邑さん、ありがとうございました。

山をバックに記念撮影。サイクリング中、名峰、乗鞍岳と御嶽山を見ながら走ることが出来て山好きのスタッフは感激!



途中、鳥のホバリングに夢中になる男性陣。童心に帰ります。

 一面に麦が広がる道を走ります。
 
またまた一休み。魅力的な橋が点在してますね。青春風に決めてみました。


瀬戸川の鯉。ここでも面白いお話を聞けました。内容はネタバレになるのでみなさんも現地で!!!

ツアーも終わりを迎えようとしています。

無事に「SATOYAMA EXPERIENCE」に到着。全行程でほぼフラットな道でした。とはいえ約20kmのサイクリングなので程よく、そして心地よい疲れがありました。

当日は天気も良く最高のサイクリング日和でした。田んぼにいたカエルを見て盛り上がったり広い空を舞う鳥で盛り上がったり、遠くにいる子供達に手を振れば振返してくれる。人々も含めてそこは昔の記憶にあった風景でした。

冒頭で述べた里山での暮らしの一端ではありますが、それを垣間見ることによって気付かされることがあるガイドツアーでした。もちろん1度行っただけでは多くは分からないかもしれません。

でもまた行きたいと思う。そう思った気持ちの源泉にこそ「本質的な豊かさとは何か」と問いかけた時の答えがありそうな気がします。

この記事ではガイドサイクリングに焦点を当てていますが他にも古川の街や文化(お祭りとか)高山の街ももう魅力満点でした。

今回ガイドしてくださった西邑様、そして対応していただいたSATOYAMA EXPERIENCEの皆様、そしてSpecial Thanksの白石くん。本当にありがとうございました!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村